シュタットベルケとは

シュタットベルケとは「電気」「ガス」「熱」「水道」「交通」などの
公共サービスを展開する公的要素の強いドイツの事業体です。

「シュタットベルケ」とは、ドイツ各地で地域エネルギーと生活インフラの整備・運営を担う小規模の地域密着型事業体のこと。
現在ドイツ全体で約900社存在し、ドイツの電力小売市場で約20%のシェアを維持しています。

事業イメージ

シュタットベルケは、地域の公益最大化を目的としています。

シュタットベルケの利点

  • 迅速で合理的な決定
  • リスクをとりながらエネルギーの自立を実現
  • 長期的な視野で地域の便益を優先
  • 専門家を養成する土台づくり

シュタットベルケの目的

  • 地域の公益に貢献
  • 地域の特性を活用
  • 地域の需要を重視

出資構成は各地で異なります

  • サービス拠点の自治体が100%出資するケース
  • 他地域の市と共同出資するケース
  • 民間企業が一部出資するケース

シュタットベルケにより見込まれる効果

「地域のため」が経営理念のシュタットベルケ。企業としての利益優先ではなく、地域の要望を最も重視し、
それに応えていくことで利益を得る事業・運営体制は、地域住民・自治体・事業体の三者にとって幸せな関係を築きます。

地域の生活サービスの質が向上します

多岐にわたるメリットをもたらします。

  • 地域密着サービス

    • 各家庭に対するエネルギー消費診断
    • 家内の障害発生時の技術者派遣
    • 停電時の損失補填(冷蔵庫など)
  • 地域資源の活用

    • 水力・バイオマス発電の運営
    • コジェネから発生する熱の利用
  • 産業・雇用の創出

    • 家庭向けESCO事業など
    • 直接雇用+間接雇用+誘発雇用
  • 地域貢献

    • 地域産業の創出
    • 人材の育成
  • 遊休地・空家再生

    • 古民家のゲストハウス化
    • 観光地と古民家ゲストハウスの連動
    • クラインガルテンの実施
  • 財源確保

    • 地域産業の経済循環
    • 地場産業の再生